株価は常に変動しているのでもっと株が上昇する!と思っても下降してしまったり、下降したから売った!と思ったら上昇してしまったり、タイミングを見極めるのが難しいですよね。こちらで例などがありますので参考になさってみてください。

理想科学工業の株価とスカイマーク株について

多くの投資家が価格の高騰から利益になると予想し、購入者が増えることで価格そのものが上がるのが株価です。逆に言えばこの企業は将来性に不安がある、倒産する危険性があるのではないかなどと個人投資家に判断された企業の株は売られやすいことから価格が下がるといった傾向があります。
理想科学工業のように投資家からの認知度は高いものの、投資に携わっていない方々の知名度がそこまで高くないような企業の株価は比較的安価であると言えます。理想科学工業の現在の株価としては600円から700円の間で推移されており、500円台前半から株価が動かなかった時代からすると価格がじわじわと上昇していると捉えておいていいでしょう。今後理想科学工業の経営の大きな影響を及ぼすであろうニュースが大々的にリリースされでもしない限り、現状の株価が急落することは考えにくいとも認識しておいていいと言えます。
そして株価というのは上場企業が上場廃止になったような場合、その価格がゼロになってしまう場合が多くなっています。たとえば航空会社であるスカイマークの株は上場以来ぐんぐんとその値段が上昇していき、上々と同時に株を購入した個人投資家の方の大きな利益となりましたが、現在は上場廃止となっているためその価格はゼロです。将来的にスカイマークが再上場する可能性はありますが、以前の株の価格はゼロのままなので、株価が高いうちに株は売ってしまったほうが得策だと言えるでしょう。スカイマークに関しては現在のところ倒産はしていないことから、再上場の可能性は十分にあると言えますが、再上場する際の株価は現状不透明なので正確にいくらであるとは断言できないとも言えます。