株価は常に変動しているのでもっと株が上昇する!と思っても下降してしまったり、下降したから売った!と思ったら上昇してしまったり、タイミングを見極めるのが難しいですよね。こちらで例などがありますので参考になさってみてください。

アースと千葉銀行の株価の動きについて

千葉銀行の株価の動きを見てみると、長い上昇基調が続いている中で75日移動平均線が緩やかに上昇ペースが抑えられ、25日移動平均線は一時的下げに転じるという気になる動きを見せています。そのチャートは下げに転じても平均線にぶつかると再び上昇はしていますが、25日移動平均線が75日を割り込むようであれば下げ基調に転じるとの見方もあります。PERはほぼ1倍ということで、決して割高ではないのですがチャートの動きを見る限りでは気になるところです。株式相場全体の強さに引っ張られる形であるならば、その動きが鈍ると下げに転じる展開も予測されますが短期的にはまだ強いと見る人も多いようです。千葉銀行の業績自体は安定していますが、成長という面から見ると厳しいとされる考えが反映されたチャートであるとも言えます。さらに平均線から乖離して上昇するようであれば、千葉銀行には売り注文が集まる可能性も高いと予測されます。一方でアースのチャートを見ると、75日移動平均線は順調に上昇基調のまま推移しています。一時的な下げにおいても、下値の支持線にぶつかると反転して上向いているので、強い買い意欲が見られます。アースは季節的に業績が伸びる時期にあることも背景にあるために、これから季節が変わるところで株価がどのような動きを見せるのかは気になるところです。需要は安定していることから、アースは長期保有に向いている銘柄となります。短期的な株価の動きに惑わされることもあまりないのは、株式の供給量も十分にあることと、出来高も安定して多いことが理由となります。一時的に下げたところでは買い増しをするかどうかの判断をするものと考えられます。